Personal tools

日本語

Navigation

コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

Information for Chemical Regulations
現在位置: ホーム / ニュース / 化審法 優先評価化学物質名簿をアップデート

化審法 優先評価化学物質名簿をアップデート

2017/07/31にNITEから通知された優先評価化学物質を新たに13物質追加しました。

CAS番号ベースで1,269物質にアップデートしました。内、CHRIPに未収載の物質を約90物質を加筆しています。

黄色網掛けの物質はCHRIPに収載されていません。

今回の改定で、チウラム(CAS#137-26-8)が優先化学物質に指定されましたのでご注意ください(2017年4月)。

合成ゴムの加硫促進剤としてごく一般的に使われている物質です。

ロッテルダム条約の対象物質としても知られていますが、以下の例外要件が付与されます。

ベノミル、カルボフラン及びチウラムの全てを含有する粉剤であって、ベノミル7%以上、カルボフラン10%以上、チウラム15%以上を全て含む粉剤でない場合

ゆえに、加硫促進剤としてはロッテルダム条約対象物質に非該当であろうと解されます。しかし、化審法優先評価化学物質ですので、詳細な用途調査と都道府県別の出荷数量報告が輸入製造者に義務付けられています。

アップデートリストはこちらです。

This is Domino Theme